疲労回復効果のある成分(にんにく)

スタミナアップ食材として、昔から親しまれてきたにんにく。
そのにんにくは疲労回復効果に優れ、それにはにんにく独特の香りの素となるある成分に秘密が隠されているようです。
そんなにんにくの疲労回復効果とはどのようなものなのでしょうか。

にんにくとは

にんにくは独特の香りを持つユリ科の野菜で、昔から食用として親しまれてきました。
にんにくの葉や茎なども食べる習慣があります。
滋養強壮、スタミナアップ食材として有名で、その昔は薬用として使用されてきました。
現在は主に香味野菜として食卓を飾っています。

にんにくの疲労回復効果

にんにくの疲労回復効果の秘密はアリシンという成分にあります。
アリシンはアリインというアミノ酸の一種である成分を細かく刻んざり、すりおろしたりすることで変化し出来上がった成分です。
このアリシンはにんにく独特の香りの素になっています。
アリシンには疲労物質である乳酸を分解・排出させる働きがあるため、疲労回復につながると言われています。

にんにくの摂取方法

にんにくの1日の摂取量は約1片~3片程度が理想です。
特に生にんにくは食べ過ぎると刺激が強すぎて、あまり良くないと言われています。
疲労回復効果に優れたアリシンは、刻んだりすりおろしたりすることで多く発生するため、
なるべく刻むかすりおろすかして調理すると良いでしょう。
またビタミンB1との相性が良く、ビタミンB1にもにんにくと同じく疲労回復効果があり、
アリシンはビタミンB1の吸収を高める効果もあるため、同時に摂取するとさらに効果的です。

にんにくの参考サイト:黒酢にんにくの作り方
http://www.palinaspresident.us/kurozu-ninniku-tsukurikata.html

Comments are closed.